村紹介

村章

宜野座村章  「ぎのざ」の頭文字「ぎ」の図案化。
左に伸びる鋭角は村の発展を、円は村民の融和を表わす。また村旗を作成する場合、下地の色グリーンは平和を意味 し、村章の色オレンジはみのりの豊かさを表わします。

村木・村花・村鳥・村魚

 村木 琉球松 村花 ツツジ 村鳥 めじろ 村魚 ミーバイ(ハタ)
 村木 琉球松  村花 ツツジ  村鳥 めじろ  村魚 ミーバイ(ハタ)

村政

「水と緑と太陽の里」
「自然と産業との調和ある村づくり」を村政の主要施策として、潟原ダム、県営鍋川ダム、大川ダム、国営漢那ダムが完成。
土地改良事業による農地の拡大の反面、一方においては失った緑を修復するために、緑化木などを生産管理する宜野座村緑化振 興会が設立。

 

新たな産業の創出
「宜野座村第1・第2サーバーファーム」建設による雇用機会の創出、「宜野座村広域ネットワーク整備事業」により、地域イントラネット網・ブロードバンド環境の整備に着手し、宜野座村の地域情報化を促進。

 

健康宣言の村
「健康づくり」をキーワードとした村づくりに取り組み、「村民健康ウォーク」の開催や、かんなタラソ沖縄を利用した健康づくりへの助成事業を展開。

 

有機の里 宜野座宣言
平成22年3月に「有機の里 宜野座村」を宣言し、「安心・安全な農産物」づくりに取り組み、化学肥料等の使用を減らして農産物を生産した農家や生産団体に対して「ぎのざエコ農産物ロゴマーク」の使用を認定し、環境に優しい持続性ある農業、農村づくりを推進。

行政区

本村の行政区は6区からなり、それぞれの代表的な文化・芸能・特産物など各区の個性が輝くオブ ジェが役場庁舎前にタイル画として設置されています。

 

塩原区 漢那区 福山区
地域の憩いの場である近隣公園と住民の集いの場、公民館のふたつをあらわしました。 イラストに描かれた漢那ダ ムと下り龍は、この地区の 豊かな水を表現。また、漢 那平松は緑をお茶畑はお茶 の発祥地を表現しています。 イッペイの花、人の手を デザイン化。手の緑は自 然(大地)と共に天地の 恵みに感謝しながら希望 と未来に向かって区民が 一丸となって協力しあい 力強く生きるイメージを表現。

 

 

 

惣慶区 宜野座区 松田区
地域交流の場である公民館 と綱引きとエイサーの図が 描かれたどん帳のふたつで 構成しました。 県の無形文化財にも指定さ れているチョンダラー(京 太郎)を中心に芸能や村芝 居などを題材としたタイル 画です。 古知屋岳を背景に豊かな ダムの水と美しい松。中 央には、松田区の村の守 り神、獅子が描かれてい ます。